Change the fate

双極性障害2型、急速交代型(*´・ω・`)b。罹患歴15年目。

お父さんの子供で本当に良かった

また用事があったので実家へ帰り、父と過ごしました。

いつも父にはご飯を作ってもらったり、ご馳走になってるので私はお得意の餃子を作ってあげました。
父に手料理を振る舞うなんて、何年ぶりかな。

想像以上に美味かった!と絶妙な褒め言葉をもらいました。どんだけ不味いと思われてたのよ(笑)






あと、二人で家族写真を見ました。

母と父、私で行った旅行の写真や部屋でくつろいだり、みんなでふざけて撮った写真、私が生まれたばかりの頃に大事そうに腕に抱えてもらっている写真、つい最近亡くなった猫やハムスターの写真。

写真っていいもんですね!懐かしくて、癒やされましたよ(´・ω・`)





父にお母さんを恨んでる?

って、聞いてみました。何故なら、母はある日突然置き手紙をして家を出ていったからです。父に再会するまでの8年間、いろんなことが父にもありました。


父の答えは、いろんなことがあったけど全て受け止めて、その上で恨んだりなんかしていない。とのことでした。父は今でも、母を心配していて考えてくれています。いつか、父が亡くなったら父の住む実家に母と私で暮らしたっていいんだよ、とか。そんなことまで言ってくれるのです。もっとすごいことも言ってました。

見返りも求めず、こんなに懐の深い優しい人が自分の父親であることが本当に嬉しく感じます。




母にそのことを伝えたら、泣いていました。
母は、本当にお父さんにはひどいことをしてしまった。自分にはもったいないくらいの人だよ、なんて言っていました。




父も母も、私を含めてみんなで旅行に行きたいねと話してくれました。
私にとって、こんなに嬉しいことはありません。



いつだって私にとって家族は1つでした。
でも、もう父と母が互いに顔を合わすことなんて永遠に来ないと思ってましたし、それが子供としては本当に本当に、悲しかったんです。
家族で笑い合って過ごした思い出があるだけに随分辛く感じていました。



私がどこに行くか計画してね、と父からのお願いがあったので近いうちに行けるようにします(^^)

今、それが私の生きがいです。