生きるのしんどい

双極性障害2型、急速交代型(*´・ω・`)b。罹患歴14年目。

わからないなら聞いてほしい

前回の記事の件です。


本社の人事にすべてを話しました。

障害者雇用促進法の規約が守れていない現状、本当に障害者の長期雇用を望んでいるのか?という疑問。健常者のように働けないなら契約更新はない、と働く意思のある障害者に繰り返し、発言すること。精神障害と勤怠の安定は密接な関係にあること。他にも色々言いました。

結果、今度その本社の方と話し合うことになりました。


働きづらい職場の働きづらさを改善していくにはエネルギーが必要です。まずは自分が変わらなければいけないです。



そして、障害者を特別扱いすることと障害に対する配慮や協力は全くの別物です。

例えて言うなら会社のものを盗んだりした障害者は人として、してはいけないことをしています。
それは障害がどうとかは関係なく、特別扱いしてはいけないと思います。どうしても盗んでしまうのなら、それをやめる、やめさせる為に障害者本人やその周りの人間も努力し、世間一般の常識、人としての部分に対応出来るようにしなければならないと思います。盗み自体を障害だから、と許容することは配慮ではないと考えます。

ですが、本当はなにかをやりたくても障害の症状がゆえにそれをやることが困難である場合。
やりたいことができるような、やりやすいような環境作りなどに協力してもらい、人の力を借りながら、障害を抱えながらでも最後は自分でやれるようにすること。自立を支援してもらうこと、これは特別扱いではなく、配慮になると考えます。

では、障害を理由に勤怠が安定しない、困難な業務がある場合は?

私の答えはそれは特別扱いとは違い、配慮になり、そして周りの協力が必要だと思います。本人に働きたい意思がないのなら辞めればいいと思いますが、働きたい意思があるけど障害の症状で困難ならば周りに配慮を求め、具体的に相談していけばいい。


働いても休職、復職してまた休職、そして退職。そういう流れって多いと思います。そしてそれが悪いとは思いません。
ですが、精神障害者の就労の問題の根本的な解決にはそれでは至らないと私は思います。

やっぱり精神障害者自身が分かってもらえるように、健常者の方に歩み寄る必要があると思うんですよね。

そして、健常者の方にされて私が嫌だったのは全然理解なんかしてないのに分かったふりをされることです。分からないのなら聞いてくれればいい。私は障害のことを聞かれるのは構いません。分からないなら聞いてくれた方が楽です。当事者ですから話せることはたくさんあります。


私はどうしても、休職、退職、転職のループを断ち切りたいんですよ。
そのためにできることは何でもしたいって思っています。

あと、障害者雇用で働きたい方は障害者雇用促進法は少しでも知っておくべきです。知ってるだけで役に立ちます。