生きるのしんどい

双極性障害2型、急速交代型(*´・ω・`)b。罹患歴14年目。

私の住む地域にいる愉快な人たち

主婦なのでなにかと買い物へ行ったり、役所へ行ったりして外出します。

すると、定期的に愉快な人たちを見かけるんですね。ちょっと笑えたので紹介してみようと思います。

まず1人目。
多分60代くらいの小柄なおばちゃん。頭はちびまる子ちゃんのお母さんみたいな感じ。
服装がね、いつも全身ピンクなんですよ、ピンクシャツにピンクのパンツ。バックルがでかいシルバーのベルトを閉めてシャツイン。靴はオーロラ折り紙みたいな、太陽の光に反射して虹色に光るスニーカー。バッグもショッキングピンクという徹底ぶり。

あれ?これって もしかして:パー子 ではありませんか?
あ、でもパー子さんはスカートのことが多いから、パンツ派のこのおばちゃんはペー師匠リスペクトなのかもしれません。なのでペー子さんと呼ぶことにします。
よく駅周辺をイソイソと歩いている姿を目撃します。この間は朝6時ごろ、通勤中にぺー子さんを目撃したのでぺー子さんは結構アクティブなんだなーと。見かけるといいことありそう、っていつも思いますね。




二人目の紹介。
やっぱり60代くらいで小太りのおじさん。
服装はパット見は普通。全体的に茶色い服。夏なのにセーター着てるのだけ印象に残ってます。

夕方、仕事で疲れきってとぼとぼ家路についたときにそのおじさんは現れました。
私の歩いてる歩道の反対側におじさんがいたのですが、閑散とした通りに
「フンッ・・ブッブブフオォオォン・・プゥ↑」と鳴り響きました。

私は、あっ・・オナラ(*´∀`) ってなりました。
同時に疲れが10倍くらい増えたような気がしました。

フンッっていうのはおじさんがいきむ声で、プゥ↑はかなり高めで間抜けなオナラです。BAKUONでした。

我慢しないそのスタイルは見習いたいものがあります。小学生たちは学校のトイレでウンコするといじめられるそうですが、大人になるとウンコぐらいじゃ見向きもされなくなるし、きれいな人やイケメンも本屋とかで涼しい顔してくっせぇオナラして立ち去れるぐらい強くなる(?)から、我慢しなくていいんだよ!みんな!って言いたくなりました。

オナラおじさんありがとう!

うちの旦那にオナラおじさんの話をしたら、「俺もそれくらいのオナラするよ、歩いてるときとか。」って言われました。

第2のオナラおじさん爆誕です。最悪や~



まだまだたくさん、私の住む地域には愉快な人たちがいるのですが今日はここまでにします( ´-ω-)