生きるのしんどい

双極性障害2型、急速交代型(*´・ω・`)b。罹患歴14年目。

旅立ちました

私の実家には2匹のネコちゃんがいました。
どちらも私が小学生の時から一緒に暮らしていました。

一匹はイケメンのアメリカンショートヘア。
一匹は俺様気質のヒマラヤン。

素直な白い猫と甘えん坊だったアメリカンショートヘアは先に亡くなりました。
みんなかわいい、いい子でした。





今年に入って、俺様気質のヒマラヤンが旅立ちました。13歳くらいでした。
ふわふわの毛並みが愛おしいです。綺麗な青い眼にミルクティーのような毛色で、手足がモコモコした毛に覆われていました。

性格は堂々としていて、ふてぶてしい、勝ち気なネコでした。少し触ろうもんならモコモコの手で払い除けてきます。歳をとった時にはだいぶ、丸くなってましたけどね。だから、亡くなる数年前くらいからはたくさん撫でることができました。





そして昨日、イケメンのアメリカンショートヘアが旅立ちました。18歳くらいでした。

子猫の時は噛みつきが激しくって、とにかく人の手にじゃれまくっていました。
遊ぶのが大好き、隅っこ大好き。

性格は去勢後は大人しくなってました。静かな場所、静かな人が好きで子供や騒がしいことが苦手な子でした。本当に綺麗な顔立ちの子で、人間で言うなら速水もこみち感がありました(笑)

歳をとってからは、本当に甘えん坊になっていつも人のそばから離れない子でした。撫でてもらうのが大好きで、いつも輪の中心にいました。










とうとう、みんな空の上へ行ってしまいました。

私も悲しいけど、多分一番悲しいのは父でしょう。
母と私が突然家からいなくなったその日からもずっと、そばにいたのは彼らネコちゃんたちです。

祖母の介護が辛い時、金銭的に悩んだとき、母と私のことを考えた日。ネコちゃんたちの存在は絶対に父を支えてくれていたと思います。



ネコちゃんたちには感謝しかありません。
たくさんの思い出と家族をつなげて支えてくれて、ありがとう。




ネコちゃんたちの写真を生前にたくさん撮ったので、現像して父にあげようと思います。



うちのワンコもいつかは…と考えると悲しくなりますが、たくさん思い出を作って楽しい時間を過ごさせてあげようと思いました🐶