Change the fate

双極性障害2型、急速交代型(*´・ω・`)b。罹患歴15年目。

双極性障害2型 急速交代型 自分なりにわかってきたこと


最近、障害者採用の面接に行ったりして改めて大事だなと思ったのは自己理解。

自己理解という言葉は非常に嫌いなんですよね、実は。
自分の症状の理解と言えばいいのか?
自分のことを理解するって口で言うほど簡単ではないと思うんですよね。
台風の目には自分の姿が分からないとか言うのと同じで。



支援機関でも、面接でもいかに自分が症状を把握してるかを問われます。理解度が浅いと、この人大丈夫かしら?と思われるみたい。
支援機関なら自己理解を深めるワークをしましょうとか、なりますけど面接ではハイ、不採用とかなるわけで。



でも、自己理解とやらを深めなきゃならないんでしょ?あーめんどくさいなぁ。と思いつつ、私がやってきたことを挙げてみたいと思います。

軽躁はめったにないため、うつに注目して気をつけてみました。



1.生活の送り方を観察

睡眠、食事、なにをしたか、なにがあったか。
ちょっとしたことを覚えておいたり、買い物の仕方を意識したり。本が読めるか読めないかとか、極端に家事を面倒臭がってないかとか。部屋が綺麗な状態が保ててるか、も体調の目安になりました。あとは入浴ができるかどうか。

私の場合、2日くらい家事をサボるくらいならフラットなうちなんですが、3日目以上からはちょっとうつが強いかも、なんて思ってます。

家事も毎日必ずやらなきゃ、となるとしんどいので憂鬱にならないように洗濯は3日にまとめて1回程度、掃除機がけは2日から3日に1回出来ればいいや、としています。




2.趣味に深くハマらない

私はゲームが好きなので、面白いとついつい丸一日とか平気でやってしまうことがあります。
それをやると、朝まで寝ずにやってたりするわけで睡眠がうまくとれなくなり、夕方に目が覚めて罪悪感から自罰感情でいっぱいになり、憂鬱になります。
憂鬱さを晴らすが如く、またゲームにのめり込むと言う悪循環が生まれてしまいました。ここからうつ転のキッカケになりました。
他にも絵を描いたり、何かを作るのが好きなのでそれもハマると朝まで眠らずにやります。

せっかくの趣味が自罰感情やうつに繋がるなんて、もったいないというか・・なので、物事には楽しくても区切りをもたせました。
ゲームは楽しくても夜の1時にはやめるようにしました。そのあとはスマホもやめてとっとと寝ることに集中して、朝は9時までになるべく起きるようにしています。

今、またリンダキューブというゲームにハマっていますが1時に辞めることだけは継続して出来ています。





3.出来ることだけやる、がんばらない、我慢しない

頑張るとダメダメになる私です。頑張るとか頑張れとか、大嫌いです。だって、向き不向きがあるじゃないですか。
頑張ることだって向かない人間もいるんです。我慢が向かない人間もいるんですよ。ただ、思いやりは忘れずに。


家事も発言も、頑張ったりあんまり我慢はしないです。
発言については、言い方っちゅーものがあるのでよく考えてますが。思いやりのないことは言わないように、あとはタイミングとか場の雰囲気とか、気をつけています。
仕事も、頑張らないでいいように予め弱点や苦手なことは会社にはっきり伝えました。
正直、生きててフラットな病状を保つことで結構頑張ってるんでそれ以上頑張るのは無理です。

それに頑張るってまじで疲れるじゃないですか。疲れがたまると絶対にうつ転する私です。だから、頑張るのは禁止です。

家事やりたくなければやらない。嫌なことを解決するのではなく、適度にスルーできるようになった方が楽になるような気がします。

自分に「〜ねばならない」十字架を背負わせないことが毎日をフラットに過ごすコツのようでした。
やりたくないならやらない、それでいいのだ。





思いつく限りはこんなものでした。自己確認も含め、躁鬱の波に振り回されてる誰かのためになればもっと嬉しいです。

やはり、投薬してれば良くなるだけの病気ではないと思うのです。自分が病気と向き合う気持ちって、病気に振り回されてる時にこそ前向きに思い出したいものです。できるかどうかは別としてね。

もちろん、時間薬というのもあるんですが。
それだけじゃないと思います。

病状が重い最中ではそんなことは言ってられないのはわかってるんですがね。悩む私含め、いろんな方がよりスムーズに生活を送れるようになったらいいな、と心から思います。